維新被害者の会?

2019年5月16日木曜日

時事関係

今日も維新関係です。

まずは過去記事のおさらい。

丸山議員関係 | ぱよぱよ日記

Case 1 丸山穂高氏

こちらの記事から。
丸山議員、辞職勧告案「可決されようが、任期全うする」:朝日新聞デジタル

 北方領土返還に関連して戦争に言及した丸山穂高衆院議員(日本維新の会から除名処分)は15日夕、与野党が衆院で自身への辞職勧告決議案を可決すべきか検討していることに対し、自らのツイッターに「(決議案が)可決されようがされまいが任期を全うする」と投稿した。

 丸山氏は「言論府が自らの首を絞める辞職勧告決議案かと。提出され審議されるなら、こちらも相応の反論や弁明を行う」と強調。「野党側の感情論で議案が出され、普段は冷静な与党まで含めて審議へ進むなら、まさにこのままではこの国の言論の自由が危ぶまれる」と書き込んだ。
いろんな経緯からも擁護のしようがないのは事実ではありますが、除名処分でも違和感ありまくりなのですが、辞職勧告決議案ともなれば、内容が内容なだけに行き過ぎですし、言いたいのはそれだけだと思います。

問題となったやり取り。
「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか?」丸山発言全文― スポニチ Sponichi Annex 社会

◇丸山議員の発言全文◇

 丸山穂高衆院議員「団長は戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか?」
 大塚小弥太訪問団団長「戦争で?」

 丸山氏「だから、ロシアが混乱しているときに取り返すのはOKですか?」
 大塚氏「いや、戦争なんて言葉は使いたくないです。使いたくない」

 丸山氏「でも取り返せないですよね?」
 大塚氏「いや、戦争したって…。戦争はするべきでない」

 丸山氏「戦争しないとどうしようもなくないですか?」
 大塚氏「いや、戦争は必要ないです」
議員という立ち位置でのこのやり取りは不適切な部分もあるし、酔っての発言ということで論外というのはあるが、除名や辞職勧告決議案までの話は行き過ぎであって、集団リンチや粛清されるほどの内容かと言われたら疑問です。ただ、この質問自体は寧ろメディアが取材して欲しい内容であるのはあります。聞き方はあるけど・・・。

恐らく都合の悪かったものと思われるもの。
あとはこっちもですかね。
恐らく、ここらへんが橋下の逆鱗に触れたと見た方が自然とも言えます。



Case 2 上西小百合氏

ここで思わぬ援軍??なのか。。。
除名組…上西小百合も「失望」 丸山議員は「一番まともだった」― スポニチ Sponichi Annex 社会

 2015年に衆院本会議欠席騒動で、大阪維新の会と維新の党を除名処分となった元衆院議員でタレントの上西小百合(36)は丸山氏について自身のツイッターで「失望」とつづった。
 「丸山穂高議員は“維新の中で”一番まともだった」と評し「維新議員には禁酒宣誓をさせられるようなくだらないやつらが他にもいる。情けない」とした。
上西氏ですが、維新の事はこの人もよく知っておりますね。
ここで重要なポイントですが、因みに上西氏の場合、「衆院本会議欠席騒動」で除名されました。いまいち維新の基準がよく分かりませんし、誰も理解は出来ないでしょうww

因みに恐らく上西氏が除名に至った経緯はこちらかと。一昨日に紹介したけどww


恐らく、上西氏が纏めた平成25年12月10日に視察した塚本幼稚園について、私が維新党本部へ送った報告書が原因と見れば、ある程度の説明がつきます。結構本質をついていることから、かなり都合が悪かったと思われます。その後の様子については、以下の記事や春の生コン祭り案件に繋がってきます。

Case 3 杉田水脈氏

他にも維新から不当な扱いをされた議員として、杉田水脈氏もですかね。異常性というのが垣間見ることが出来ますね。

科研費についてはこっち方面でも結構効いてたみたいですね(笑)

恐らく、他にもあると思いますが、主因になったのはこちらと思われます。

橋下と百田のやり取り。

実際のところ、杉田議員の事が気に食わないことによる私怨に近いです。因みに逆鱗に触れた案件は慰安婦関係と思われます。

この発言はかなり不評でしたし当然ともいえます。そして杉田議員のこういった活動(他にもあると思います)で一定の成果を出したことが気に食わなかったように思います。
【外交安保取材】政府の慰安婦「強制連行」答弁動かした民間の力(1/4ページ) - 産経ニュース

 政府は3月28日の衆院外務委員会で、自民党の杉田水脈(みお)氏(50)に対し、平成28年2月に行われた国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)女子差別撤廃委員会の対日審査で慰安婦の「強制連行」などを否定した外務省・杉山晋輔外務審議官(当時、現駐米大使)の答弁が政府見解だと明確にした。杉山氏の答弁を引き出すきっかけを作ったのは、27年7月の国連での杉田氏らのスピーチだった。

そして杉田議員のコメント。

恐らく、杉田議員の発言は真実で、維新や橋下氏の悪口というのが、ある程度の成果が出したことと考えるのがしっくりくるのは自分だけですかねwww


となると、以下の記事も別の意味も含まれてきます。

【速報・維新消滅?】橋下(元)代表が発言「ネット支持者も最悪。」【丸山ほだかを援護する人はシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

ここで橋下の「ネット支持者も最悪」というところに注目したいと思います。ネット支持者を敵視しているのは確かで、自分の主張がネットには通じないことによる苛立ちこそが、橋下氏の一連の行動の引き金になっている可能性が高いと推察します。その点では、ここらへんも一つの鍵になりますかね。
元々、某金融筋の繋がりもあり、そのテンプレートに従って動いてるのでしょう。

小池知事、橋下氏の有力ブレーンを起用 都政利権を一掃へ - 政治・社会 - ZAKZAK

維新とトイチのブレーンが同じということもあり、こういった部分が暴かれるネットというのが都合が悪いから、「ネット支持者も最悪」といった発言に繋がるのでしょう。維新の実態というのは、こんなところだと思いますし、丸山議員の騒動を通じて、維新が右の共産党というか、先鋭化しそうな流れに拍車がかかりそうですwww

Follow Me

ページ検索

QooQ