維新関係

2019年6月7日金曜日

時事関係

今日は維新関係です。最近単独テーマが多いですね。。。

まずは過去記事から。

維新の終わり-ぱよぱよ日記

大阪W選挙&統一地方選というカードを切った地点で、維新の手持ちのカードは全て使い切った事で、後は落ちるしかない状況だったんだけど、思った以上に早く自滅しており、丸山議員を切り捨てたことにより、ネット保守層が離れることになったことで、支持者の先鋭化が進む動きとなっております。元々が右の共産党といった感じで、支持層の質は共産党と似てる部分もあったので、維新の言う共産党ガーというのは、同族嫌悪に近いものがあったのでしょう。

最もネット保守系は丸山議員で持ってたみたいなもんですが、オーナー兼院政を敷いている橋下氏の「ネット支持者も最悪」のくだりを見ても、丸山議員とネット層を切り捨てる意図があったようには思います。その点ではホントに意図的にやってる可能性もありますので、その点だけは注意が必要と思います。最もこの層を切り捨てて維新を支持する連中がどの程度いるかは分かりませんが(笑)

そして維新も特定野党と同じ属性で他党の批判を目的としており、具体的な政策は殆ど持ち合わせておらず、維新の政策などを見るなら、橋下氏の政策を見るに限るし、オーナーの鉄砲玉や上納金を収めてくれるのが、いい議員といったところなのでしょうww

てなわけで、維新の掲げてる政策などを整理してみます。

改憲といってますが、「教育無償化、統治機構改革、憲法裁判所の設置」という3点に絞り込みとあり、国防などには一切踏み込んでおりません。ここの地点で、改憲勢力(笑)という扱いにしかならないと思われます。

ついでに改憲勢力(笑)の公明党にも触れておかないといけないです。

公明党は憲法を改正しないという立場ではない (3ページ目):日経ビジネス電子版

これを見る限り、公明党も環境権による加憲論がベースで、地球環境問題は改憲の重要なテーマとしております。当然のことですが、国防関係については消極的の立場と見ていいです。

それはいいとして、維新の掲げてることを掘り下げてみると、どんな連中かというのは分かると思います。

・女系天皇や女性宮家に積極的
・旧宮家の皇籍復帰の阻止
・夫婦別姓
・差別撤廃の為に戸籍制度の作り直しを主張
・沖縄&北海道の独立
・竹島共同管理
・緊縮財政推進
・外国人参政権??(厳密には特別永住者に対する配慮)

それぞれ補足記事を紹介します。

維新が「女性宮家」を検討へ - 産経ニュース

【皇室関連】維新・足立康史「内親王世襲制」に賛同。→言葉を変えた「女系天皇容認論」??? | 保守速報



■維新 橋下氏「竹島は日韓の共同管理を」と主張 | もえるあじあ(・∀・)

ここ数日、Twitterで戸籍廃止あたりの話が出てましたが、現行制度とか言ってますが、戸籍廃止に踏み込んでおり、「現戸籍の問題点は本籍地、特に出生地の記載があること」というのを問題視しているようです。

ここで戸籍全部事項証明書の見本を紹介します。


普通なら特に問題はないと思ってはいますが、以下の問題点を提起しております。
橋下徹"日本の戸籍は差別助長のツールだ" | プレジデントオンライン

現戸籍の問題点は本籍地、特に出生地の記載があることと、外国人が戸籍を持てないこと。それとやはり家族ごとの管理になっているので、外国人との間に生まれた子供が外国人配偶者の姓にする場合に、どうしても例外的な単独戸籍を認めざるを得ないことなどです。

(略)

ちょっとここは立場の違いなどもあるので、僕の意見が絶対に正解であるということにならないでしょうが、現戸籍制度は相続関係を証明するツールとしては最悪の非効率なツールだというのが僕の感想です。相続関係を証明するのは素人ではほぼ不可能で、これがゆえに、司法書士、弁護士は一定の報酬を受けることができます。ちょっと複雑な家族関係だと膨大な戸籍書類等を取り寄せなければなりません。これもブロックチェーンシステムを活用した新たな身分管理制度にすれば非常に簡易かつ低コストでできるのでしょうが。

これはナンバリング(国民一人ひとりへの番号振り分け)を基にした身分管理ができていないからです。マイナンバー制度に身分管理をリンクさせれば、現戸籍制度など不要です。国籍もマイナンバーにリンクさせれば十分。さらにブロックチェーンを活用した制度にすれば、相続関係の証明などは簡易かつ低コストになるでしょう。
確かに指摘の通り、非効率なツールという一面はあるでしょう。別の解釈だと「相続関係の証明することは素人ではほぼ不可能」というのは、「専門家が調査すれば証明可能である」事を意味し、素人の小細工が出来ない仕組みともいえます。国籍や戸籍や保険証や在留証などを、マイナンバー制度に一本化して、血統の証明の機能を停止することで、不法在留外国人の住みやすさだったり、旧宮家の皇籍復帰の阻止につながるともいえます。そして情報を一本化させることで、乗っ取りを容易にすることも可能といった理由もあって、マイナンバー制度の一本化の狙いともいえるでしょう(笑)

別に普通に生活していれば、現行制度でも何も困らないですし、日本人としての生活の利便性が上がるわけでも何でもないわけで、別の狙いがあると考えるのが自然な話で、一連の提言というのが、どこを向いた内容であるかについては明白だと思います。

考えるだけでも恐ろしいが、こういった価値観を持ってる連中と改憲など論外ですし、改憲勢力(笑)というのがどんな連中であるのかということに尽きます。改憲は手段であって目的ではないです。はっきり言って、国防に踏み込まない改憲勢力(笑)にこだわるというのは、護憲派勢力以上に危険とも思うけどねwww

最後にこちらも紹介しときますww
今のところ、菅氏が維新に寄ってるように見えますが、維新切り捨ての動きが見えれば、トドメをさすのはこの人かなとは思っております(笑)地盤もなく、叩き上げで歴代最長の官房長官という参謀を務めるまでになった人を甘く見過ぎてる感を抱いていますよ。

まぁ、菅氏が叩かれてる理由はこんなところだと思ってるけどねwww

Follow Me

ページ検索

ブログ アーカイブ

QooQ